記念に残る婚約指輪だからこそ手作りの指輪を渡そう

渡すタイミング

手作りの婚約指輪が完成した後は、プロポーズを行なうことになります。
プロポーズは、婚約指輪を渡す相手に結婚してほしいというのを伝えないといけません。これは、プロポーズする側からすれば結構緊張することでしょう。
手作りで婚約指輪を用意する場合は、プロの職人が仕上げてくれるまで一ヶ月ほど時間があります。
この一ヶ月の間に、プロポーズの準備を行なってみてはどうでしょうか?プロポーズは、女性にとっても嬉しいことですし、できるなら良い思い出として残したいというのがあります。
ですから、その為にはプロポーズする場所のシチュエーションを考えないといけません。
手作りの婚約指輪でも、ブランド品と見劣りしないほどの完成度になりますので、良い思い出として残したいのなら二人の思い出の場所やロマンチックな場所を選ぶといいでしょう。
そういった場所でプロポーズされることは、女性なら誰でも憧れます。普段行かないようなレストランに行くのなら、婚約指輪が完成するまでに予約するようにしましょう。
予約する場合は、完成予定日より少し後にしておいたほうがいいでしょう。そうしないと、完成当日だと間に合わないこともあります。

改まってプロポーズするよりも、手作りだから日常的な場所で渡したいと思う人もいるでしょう。
そういった人は、自宅や車の中でもいいでしょう。こういったところなら、緊張せずに渡せるのでリラックスした状態で何気なくプロポーズできるのでお勧めです。